*

カテキンを多く含むものについて

お茶の葉に含まれる4種類のほかに他の食品にも違った形で含まれる3種類と計7種類の総称であるカテキン。このカテキンには驚くほどたくさんの美容や健康に役立つ作用があり、生き生きと生活を送るためには不可欠な成分といわれています。

また、殺菌作用や収斂作用、防臭効果などがあることから洗剤や消臭スプレー、制汗剤などの日常生活用品にも取り入れられています。

ここまで話題になっているカテキンがどのようなものに含まれているのかについて紹介していきます。

カテキンが多く含まれているもの

・飲み物
緑茶や煎茶、ほうじ茶、番茶、玄米茶、などの日本茶。ウーロン茶や紅茶などの海外のお茶。他にはココアやコーヒー、赤ワインにもお茶ほどではありませんが含まれています。

上限はないためお茶類なら1日5、6杯くらいは飲んでも大丈夫ですが、コーヒーはカフェインが多く、赤ワインはアルコールであるため、お茶のように取りすぎは禁物です。

・食べ物
カカオやチョコレート、果物では柿やりんごなどに多く含まれます。

果物は糖分が、カカオやチョコレートも刺激物質が多く含まれているため食べすぎには十分注意しましょう。

AJG_hagatanoitachoko-thumb-815xauto-13711

・日常生活用品
色んなものに使われていますが、代表的なものとしては、消臭剤や制汗剤、食器用洗剤などに含まれていることがあります。

また、空気清浄機やエアコンからカテキンのイオンが発生するといったものもあります。上手に日常生活に取り入れて、年齢を感じさせない生き生きとした若々しい心や身体を手に入れましょう。


次の記事も読んでね!!

カテゴリー